2016年11月18日金曜日

世界デモクラシーフォーラム⑩ / World Forum for Democracy 10

大会の最後には今回の発表者の中から最優秀発表を選ぶというセレモニーがありました。僕はディスカスタントというシンポジストのような役回りなので対象になりませんでしたが、60近い発表の中から主催者側から3つ選ばれており、その3者の発表を聞いて投票をしてその場で一つだけ、賞を贈呈する企画を決めるのです。たくさんのの参加者は欧州評議会の議員席に座っていますから、その参加者たちが議員が投票で使う電子ボタンを使って投票するのです。投票は即時に大画面に表示され結果が参加者全員にわかるという仕組みです。僕も議場にいたので、投票しました。結果は、ドイツの難民の人たちなどを対象としたネットを使った大学教育のプログラムが受賞しました。デモクラシーの大会だけに、デモクラティックに賞も決定するということのようでした。
At the closing ceremony three initiatives already chosen by the organizer in advance were introduced and these three project people expalain about their activities. Then the participants at the hall voted to chose one award activity. We used the electric buttons which the Members of European Council use. Instantly the result was shown on the huge monitoers in front of us. The German initiative providing higher education programme through the internet for the refuree people were awarded. This forum is about democracy. So, the award is also decided by democratic way. That looks the idea of the organizer.

2016年11月16日水曜日

世界デモクラシーフォーラム⑨ /World Forum for Democracy 9

デモクラシーと教育というテーマですが、もう少し方向性があり、社会経済的な格差の拡大、難民、人権、ヘイトクライムなど社会問題への有効性という視点が重視されていました。その中でデモクラティック教育の意義を語ることが望まれていました。とりわけ、アメリカの大統領選挙の結果が報道されると、デモクラティックな社会でのデモクラシーの危機に対して我々はどうするのかという問いが強く意識されました。大会で多くの人たちが言っていたのは、アメリカの大統領選挙が対岸の火事ではなく、それぞれの社会で同様のことが起き得るということでした。日本でもすでにそのような状況が起きている言えます。フランスでも来年の大統領選挙で極右候補として力をつけているルペン氏が当選する可能性が語られています。まさか当選することはないだろうと今まで言われてきました。でも、今回のアメリカの大統領選挙ではまさかが実現したわけです。イギリスのEU離脱もまさかと一時は言われていましたが、離脱となってしまいました。確かに、同じようなことが世界各地で起きてきています。取り残されていて、力が無いと感じている多くの人たちに不満が高まっており、現状を大きく変えてくれる強い候補に投票をするということが起きているのです。フィリピンの大統領選挙もそのように捉えられるのでしょう。強いこと、極端なことを実行するという人、今の状況を変えてくれる人、そのためには強引なくらいでないとできないという感覚があるようです。そこではデモクラシーは軽視されるように感じます。膠着して、デモクラティックな対話的なやり方ではらちが明かない、力のない自分たちが変えられない現状を強力な強引なくらいなリーダーだからこそ変えてくれるのではないかと期待するのでしょう。結局膠着してしまうデモクラティックなやり方ではどうにもならないから、デモクラシーは多少軽視されても仕方がない、という感覚もあるように思います。
 つまり、ヒットラーがなぜ政権を取りえたのかをフロムが『自由からの逃走』で描き、マッカーシー旋風が吹き荒れてリースマンが『孤独な群衆』を書かざるを得なかったのは、ある種のカリスマ性を持った個人を問題視するだけでは状況は変わらないと彼らが考えたからです。今の世界も同じような状況にあります。今回の大統領選で、従来共和党の候補を支援してきた政財界の大物たちでクリントン候補の支援に回った人が少なくなかったといいます。ある種、妥協をしてクリントン候補の支援に回らざるを得なかったわけですが、それでは遅すぎたということなのでしょう。現状をある種破壊的なまでに変えて欲しいと強く望む強い不満を抱く多くの人たちが社会にたくさんいるのです。自由な経済競争を強調すれば、当然、豊かなものが豊かになるのです。そのような経済や社会を正しいものとするならば、経済的に豊かになれない人々は、正しくないまでも豊かでなくて仕方のない人々、応分の責任結果ということになります。そのことに納得のいかなさ、被害をこうむっているという感覚があり、破壊的にまで現状を変えることが正当であると感じるのでしょう。
 ネオリベラリズム的な、70年代以降金融工学を是としてきたアメリカのような風潮が世界の主流になってきた当然の結果です。例えば、ヘイトクラムがなぜ起きるのか、日本を含めイスラム教徒で無い人からもISに参加しようとするのはなぜなのかもっと考えられてよいのでしょう。力なき被害者の多数がデモクラシーへの破壊願望を抱かざるをう得ないのでしょう。力なき被害者の多数と感じる状況が変わらなければいけないことは確かなのです。

2016年11月13日日曜日

世界デモクラシーフォーラム⑧ /World Forum for Democracy 8

今回の大会ではヨーロッパのデモクラティック教育関係者ではパリのデモクラティックスクールの代表のラミンさん、オランダのデモクラティックスクールの卒業生で市議会議員をしているシモーヌさんが発言者として招聘されていました。この大会に合わせてEUDEC(デモクラティックエデュケーションのヨーロッパ地域での活動体)の理事の集まりを開いて、理事も参加しただけでなく応援に駆け付けた人々も大勢いて結果として、ドイツ、イギリス、オランダ、ポーランド、フランスの人たちが今回の大会では活躍しました。ヨーロッパ以外ではイスラエルのヤコブさんと僕が発言者として招聘されていました。誰がどのように人選されているのかが私たちの疑問でもありました。でも、人事は明かしてしまうといろんな圧力がかかる可能性があり、「欧州評議会の担当チームが今回の会議の内容に応じてしかるべき情報を集めてふさわしい発言者を選んだ」というなんだかわからないものでした。
     Ramin from a democratic school in Paris, Simone who is a graduate of Dutch democratic school and a member of city council in Holland speakers at this forum. EUDEC decided to have board meeting at this timing. Many of EUDEC people not only board members joined this forum from France, Holland, Germany, UK and Poland. They had been quite active during the forum. Outside of Europe, Yaacov and I was invited as speakers. Many people wondered how and why these people are chosen as speakers. Actually I was asked this question and I also had the same question by myself. The organizer explained they collected necessary information properly and they chose appropriate people for the cnontent.They cannnot who and how more precisely otherwise many people would pressure the organizer to invite someone they know. It's their explanation and we couldn't know who chose these speakers.

2016年11月12日土曜日

世界デモクラシーフォーラム⑦ /World Forum for Democracy7

大会では「自由な時間~一日何もしないで過ごす~」というドイツの映像作家のデモクラティックスクールについてのドキュメンタリー映画が招待上映をされていました。今年の夏にシューレ大学で上映して好評を博した作品です。上映後に監督と、映画にも出てきたドイツの子どもたちも一緒に観客との質疑応答も行いました。映画の中ではイスラエルのデモクラティックスクールが取り上げられており、そのことについてパレスティナにもデモクラティックスクールはあるのか、イスラエルのデモクラティックスクールにパレスティナの子どもは通えるのかという質問に始まり、ドイツではデモクラティックスクールに通う子供の親は、あまりにラディカルな教育に理解が追い付かないことはなにのか、などの質問がありました。子どもたちやスタッフたちが一生懸命応え、時間を超過して、守衛さんに追い出される夜遅くまでセッションは続きました。
During the conference, a German documentary film sbout democratic education titled "Frei Stunde --- Doing Nothing All Day" was showed. After the show, the director, students and staff of German democratic schools answered to the participants. The first question was about Plestinian and Israeli democratic schools. Then some questions are about parents understanding of democratic education. We discussed a lot till the gourdman pushed us to out of the room because of the closing time of the night.

2016年11月11日金曜日

世界デモクラシーフォーラム⑥ /World Forum for Democracy 6

ヤコブさんが基調講演で公立の学校でも教育活動の20%を子どもと大人が一緒に企画して一緒に実施してはどうか。子ども中心の企画にしたらどうかという提案をしました。20%という数字は実行が不可能でなく、また活動が意味のある内容になるというところから考えられたものです。公立学校がこの提案を採用した時に参考になるのはデモクラティックスクール・フリースクールの実践です。そこからデモクラティックスクールへの関心も高まっていくことが考えられます。
In his keynote speech, Yaacov proposed for state schools to conduct child-centered activities in which children and adults do together.He proposed 20% of state school activities should be such child-centered one. It's real number they can do. It's meaningful number for the whole school,too. When a school adopts this proposal, this school may refer to activities of democratic school as a reference. More attention may be paid to democratic schools.

2016年11月10日木曜日

世界デモクラシーフォーラム⑤/ World Forum for Democracy 5

この大会には若者が自分の人生を語るという時間があります。オランダのデモクラティックスクールを卒業して、現在、市議会議員としてもEUDEC(欧州デモクラティック教育コミュニティ)の若者メンバーとしても大活躍中のシモーヌさんが自分の経験を話しました。一般の学校に通って、勉強もまじめにしていたのですが、納得のいかない宿題に質問をするの、ちゃんと答えてもらえないなどの経験を経て、学校が休みになると嬉しい自分と、デモクラティックスクールに通っている弟が休みになると嘆いていることに直面して、ショックを受けたのだそうです。そこで、成績の良かったシモーヌさんですが、級友が辞めるのはもったいないし、将来が不利になると助言してきても、迷わずデモクラティックスクールに転向したことなど、丁寧にその時の気持ちがわかるように話していました。
In this forum, we have a session in which young people tell own life experience. Simone graduated from a Dutch democratic school and is a city council member.She was a good student at a state school, When she asked the reason why they have to do the homework, the teacher didn't explain. After that when the vacation time came, she felt very fine. On the contrary, her borother who was a student of a democratic school prefered going to schools than vacation.She was so shoked with this difference. So, she moved to the democratic school even though her friends advised her not to do so her future. Her story is very articulate and moving.

2016年11月9日水曜日

世界デモクラシーフォーラム④/ the world Forum for Democracy 4

11月8日には19の分科会が開かれました。僕は第1分科会「新しい学校のやり方を改革する」での発言者でした。ボリビアの学校自治を基本的には全員が役員になりえる仕組みをとっている実践、パリのデモクラティックスクールの実践、アンドラの子ども参画を促進するカリキュラムの実践、それからイギリスの教育史の研究者、シューレ大学のスタッフをしているそして世界のデモクラティックスクールの研究者として僕が発言しました。2時間のセッションでしたが、5人の話は1時間ほどで、あとは会場の参加者との対話です。会場は分科会会場では一番大きい200人の部屋で8割ほどが埋まりました。質問で多かったのは、デモクラティックなやり方を自分の国ではどのように導入できるのかというものでした。デモクラティックエデュケーションに触れて、反発するとか懐疑のまなざしを向けるとかいう態度でなく、高い関心を持っている人ばかりで印象的でした。
On the second day of the forum, we had eighteen labs. I participated the first Lab "Reinventing School Governance" as a speaker. There are five speakers, three presentations and two discussants; the founder of Democracy in Practice in Bolivia, the Founder of French democratic school, the school inspector from Andorra, British historian of education and me. Half of the two hour session was by the speakers. In Another hour, participants of this Lab discussed. Many people asked how to introduce ideas of democratic education to their societies.